今時の結婚指輪事情

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

結婚式を行わないカップルも増えていますが、指輪が付けられない事情がない限り多くのカップルが結婚指輪を購入しています。結婚式での指輪の交換はもちろん、日常的に付ける大切なものなので、購入の際には悩む人が多いです。豊富なデザインの中から、一つだけの指輪を選ぶのは大変です。

男性用と女性用がペアになっているだけでなく婚約指輪と組み合わせられたり、スイートテンなど後からセットの指輪を贈ることを前提にデザインされた指輪は、せっかくの指輪をしまいっぱなしにしたくないという人に人気です。定番のダイヤモンドや誕生石などの宝石を使ったり、地金だけのシンプルなものも人気があります。プラチナはもちろん色の豊富なゴールドで男女色違いにするのも定番です。

ユニークなものが好きな人は、和風の指輪というのはいかがでしょうか。ぱっと見ただけではわかりませんが、桜や木目の模様が入っていたり、鎚で打った跡がそのまま模様になっているなど、あまり見かけないおしゃれなデザインが豊富です。若いうちはもちろんですが、歳を重ねて着物を着るようになった時にも合わせやすくなります。飽きのこないデザインを選ぶことで長く楽しめるので、将来のことも考えて検討してみてください。

婚約指輪は必要?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

かつては男性がプロポーズの際に給料3ヶ月分の婚約指輪を用意するというのが常識のようになっていたこともありましたが、バブルが弾け不景気な社会で育ってきた若い世代はお金に堅実な人が多く、今そのようなことをする人はほとんどいません。婚約指輪自体についても、必要ないという意見が増えてきています。それでも婚約指輪が欲しい人も多く、必要かどうか迷う部分です。

婚約指輪婚約指輪は男性から女性に贈るものなので、男性が自分で用意することが多いですが、女性としては自分の好きな指輪を選びたいという意見も多く賛否両論です。普段使いにするのはペアで購入する結婚指輪なので、婚約指輪を買わない分そちらにお金をかけたいという人もいます。話し合わずサプライズで買ってしまいケンカになるケースもあります。事前に婚約指輪が欲しいか、自分で選びたいかなどを確認できるといいのですが、中にはサプライズで贈って欲しいという女性もいます。共通の友人がいるようであれば、彼女の希望を聞き出してもらうといいかもしれません。

婚約指輪を買う場合、10~30万くらいの価格帯から選ぶ人が多いです。決して高くない買い物なので、後悔しないようにしましょう。万が一デザインや宝石に不備があった場合に交換できたり、サイズ調整やメンテナンスなどのアフターサービスを十分に行っているお店で購入するのがおすすめです。

プロポーズはする?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

結婚を考えるようになると、男女ともに思い浮かべるのがプロポーズについてです。プロポーズは一般的に男性がするものと考えられがちですが、女性からプロポーズしたりそもそもプロポーズを行わないカップルもいます。それぞれどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

プロポーズ一番のメリットはやはり一生に一度の特別な体験ができるということです。プロポーズに憧れる女性は多いですし、男性もサプライズをして喜ぶ姿が見たいものです。同棲していたり長く付き合っていると中々きっかけがないので、プロポーズを機にというカップルもいます。相手に結婚を意識させたり、自分と結婚する意思があるか確認するために行う人もいます。

デメリットは、お互いの結婚したいという気持ちが同じとは限らないということです。プロポーズを断るというのは、相手と結婚したくない場合と今は結婚したくない場合があります。働く女性が増え、今は仕事が大切だから結婚できないという人もいますし、専業主婦になるか共働きで家事を分担するかなどでもめることもあります。十分な話し合いをせずに片方が盛り上がってしまい、プロポーズがうまくいかなかった結果嫌いなわけでもないのに別れてしまうこともあります。プロポーズをするなら、すぐにではなく結婚までの間に二人で話し合いができる期間を設けるようにするといいでしょう。

結婚前にすること

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

昔は年頃になると縁談などでどんどん結婚相手が決まっていき、独身の人は周囲の人にうるさく言われることも多かったのですが、今は晩婚化が進み生涯独身の人も増えました。付き合いはするけど結婚はしたくない、子供は欲しくないなど、様々な生き方を望む人が現れ、少しずつではありますがそのような生き方も認められるようになってきています。それでも相手がいるのであれば、結婚して家庭を持ちたいという人もたくさんいます。

結婚いざ結婚しようとなった時に、やることがたくさんあると尻込みしてしまう人もいます。結婚するだけであれば、婚姻届を提出するだけなので大変な準備はありません。しかし周囲との今後の関係や社会で生活していくことを考えるとそれだけではいけません。結婚を報告したり戸籍関連の手続きをしたり、結婚式や新居の準備をしたりと大忙しです。そのため結婚したいと思ってから実際に結婚するまでに間が空く場合がほとんどです

必要な手続きなどは誰でも同じように行う必要がありますが、結婚式や結納など慣習として行われてきた部分については、時代によってどんどん変化してきています。家の考え方が薄れてくるにつれて昔ほど堅苦しいものではなくなり、自分たちで好きなように行える部分が増えてきました。その分やるべきかどうか考えなければいけなくなり、難しくなったということもあるかもしれません。プロポーズや結婚指輪などは必要派、不必要派の考えを参考に検討してみてはいかがでしょうか。