結婚前にすること

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

昔は年頃になると縁談などでどんどん結婚相手が決まっていき、独身の人は周囲の人にうるさく言われることも多かったのですが、今は晩婚化が進み生涯独身の人も増えました。付き合いはするけど結婚はしたくない、子供は欲しくないなど、様々な生き方を望む人が現れ、少しずつではありますがそのような生き方も認められるようになってきています。それでも相手がいるのであれば、結婚して家庭を持ちたいという人もたくさんいます。

結婚いざ結婚しようとなった時に、やることがたくさんあると尻込みしてしまう人もいます。結婚するだけであれば、婚姻届を提出するだけなので大変な準備はありません。しかし周囲との今後の関係や社会で生活していくことを考えるとそれだけではいけません。結婚を報告したり戸籍関連の手続きをしたり、結婚式や新居の準備をしたりと大忙しです。そのため結婚したいと思ってから実際に結婚するまでに間が空く場合がほとんどです

必要な手続きなどは誰でも同じように行う必要がありますが、結婚式や結納など慣習として行われてきた部分については、時代によってどんどん変化してきています。家の考え方が薄れてくるにつれて昔ほど堅苦しいものではなくなり、自分たちで好きなように行える部分が増えてきました。その分やるべきかどうか考えなければいけなくなり、難しくなったということもあるかもしれません。プロポーズや結婚指輪などは必要派、不必要派の考えを参考に検討してみてはいかがでしょうか。