婚約指輪は必要?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

かつては男性がプロポーズの際に給料3ヶ月分の婚約指輪を用意するというのが常識のようになっていたこともありましたが、バブルが弾け不景気な社会で育ってきた若い世代はお金に堅実な人が多く、今そのようなことをする人はほとんどいません。婚約指輪自体についても、必要ないという意見が増えてきています。それでも婚約指輪が欲しい人も多く、必要かどうか迷う部分です。

婚約指輪婚約指輪は男性から女性に贈るものなので、男性が自分で用意することが多いですが、女性としては自分の好きな指輪を選びたいという意見も多く賛否両論です。普段使いにするのはペアで購入する結婚指輪なので、婚約指輪を買わない分そちらにお金をかけたいという人もいます。話し合わずサプライズで買ってしまいケンカになるケースもあります。事前に婚約指輪が欲しいか、自分で選びたいかなどを確認できるといいのですが、中にはサプライズで贈って欲しいという女性もいます。共通の友人がいるようであれば、彼女の希望を聞き出してもらうといいかもしれません。

婚約指輪を買う場合、10~30万くらいの価格帯から選ぶ人が多いです。決して高くない買い物なので、後悔しないようにしましょう。万が一デザインや宝石に不備があった場合に交換できたり、サイズ調整やメンテナンスなどのアフターサービスを十分に行っているお店で購入するのがおすすめです。